Skip to content

和食を再確認して今よりもっとクッキングが得意になれる!直ぐに活かせる基礎知識

おひたしの作成手順は人によって千差万別でしょう。
しかし、ベーシックなメソッドについてもチェックしてみて下さい。
醤油やだし、みりんを混ぜた材料と和えていただくスタイルが
王道の料理法とされますが、
ただ醤油を振りかけるだけで仕上げるレシピというのも馴染みがあります。

大根や茄子を使用した浅づけは
毎日テーブルへ並べたい小鉢ではないでしょうか。
お新香を自家製にするときに入れる塩の分量は、
素材に対しておよそ2~3パーセントが最善と言われます。
食塩のみで作っても大丈夫ですが、可能であればしょうがやこんぶ、
唐辛子等を添えて漬け込むことで趣のある味わいやら旨みも出てきます。

高価な御馳走のみならず家庭の料理に至るまで、
あらゆる美味な和風料理は例外なく
秘訣となるだし汁が使われているものです。

とても忙しい昨今の人は得てして
ジャンクフードと言ったものに親しみがちなものですが、
時にはたっぷり手間をかけて準備されたご飯を食べたいものです。

そんなお漬物が大好きな私はここのところ、
リシリッチ 洗い流さないトリートメントについての
情報を集めています。