Skip to content

Monthly Archives: 5月 2017

愛用していたBDレコーダー

型落ちとなる「DMR-BW200」は当時の最上位機種である。
デジタル放送全局W録でHDDは500GB、HDMI(Ver.1.2a)端子による1080p出力も可能だ。
BDドライブは2倍速でSDカード記録にも対応している。
ずきしらずの実の効果や口コミ 通販

一方最新型の「DMR-BW800」もW録でHDDは500GB、HDMI(Ver.1.3)端子による1080p(60p/24p)出力やDD+、DTS-HDなどをHDMIでビットストリーム出力が可能。
もちろんSDカード記録にも対応している。
最大の違いはBDドライブが4倍速でAVCRECが可能な点であろう。
H.264なら容量は4分の1なので、HDDは2TBとして使用できる計算だ。

ちなみに、ソニーのAVCRECは解像度が1,440×1,080でBDのみ記録可能なのに対し「DMR-BW800」は、1,920×1,080のフルHD(地上デジタル放送は1,440×1,080のまま)で、DVD-RAM/-R/-RDL(-RWは不可)にも記録が行える。
また「DMR-BW200」ではバージョンアップで対応していたチャプタ機能も最初から装備している。
シェイプアップ乳酸菌 効果なし 口コミ