Skip to content

AV関連

愛用していたBDレコーダー

型落ちとなる「DMR-BW200」は当時の最上位機種である。
デジタル放送全局W録でHDDは500GB、HDMI(Ver.1.2a)端子による1080p出力も可能だ。
BDドライブは2倍速でSDカード記録にも対応している。
ずきしらずの実の効果や口コミ 通販

一方最新型の「DMR-BW800」もW録でHDDは500GB、HDMI(Ver.1.3)端子による1080p(60p/24p)出力やDD+、DTS-HDなどをHDMIでビットストリーム出力が可能。
もちろんSDカード記録にも対応している。
最大の違いはBDドライブが4倍速でAVCRECが可能な点であろう。
H.264なら容量は4分の1なので、HDDは2TBとして使用できる計算だ。

ちなみに、ソニーのAVCRECは解像度が1,440×1,080でBDのみ記録可能なのに対し「DMR-BW800」は、1,920×1,080のフルHD(地上デジタル放送は1,440×1,080のまま)で、DVD-RAM/-R/-RDL(-RWは不可)にも記録が行える。
また「DMR-BW200」ではバージョンアップで対応していたチャプタ機能も最初から装備している。
シェイプアップ乳酸菌 効果なし 口コミ

ソーラーMP4プレイヤーの使い心地

内部メモリーは容量4GBで、miniSDカードを外部メモリとして利用することも可能。
220×176ドットのTFT液晶モニタを搭載し、MP3/WMA/WAVファイルでびっちゼミナール ドスケベ搾精クラス コキュの部屋を楽しめるほか、専用ソフトでファイル変換を行うことにより動画再生にも対応する。

実際に使ってみると本体の質感や画面デザインは今一つな印象だが、液晶画面は結構きれい。
本体には小型のスピーカーも搭載しており、使い勝手はよい。
実売1万円以下で4GBメモリ搭載、おまけに太陽電池搭載ならお買い得だ。

内蔵バッテリーは3.7V、650mAhのリチウムイオンバッテリーで、太陽光の場合、約25時間でフル充電。
ビデオ約3時間、音楽約4時間の連続再生ができデキるまでいっぱいシよっ らするも問題なく読める。