Skip to content

PC関連

交換用CPUクーラーは高性能かつ高級

Intel製、AMD製CPU共にメーカー純正で用意されているCPUクーラーの性能は充分に高い。
このため現在販売されている各社の交換用CPUクーラーは、より高性能かつ高級な方向へシフトしている。
ほとんどの製品が銅素材やヒートパイプを利用しており、かなり凝った作りになっている。
純正クーラー以上の性能を持った製品は、最低4,000円前後~。実売1万円近い製品も珍しくない。
http://www.davidandanneplusone.com/

今回はコストパフォーマンスに優れる3製品をピックアップ。
CPUにCore2 Duoを搭載したPCで、Intel純正クーラーとの性能比較をしてみたので参考にしてほしい。

CPUクーラーの取り付けに必要なリテンションパーツは、対応するソケット形状やクーラーの製造メーカーによって多くの種類がある。
組み込みの難易度や使い勝手にも大きく影響するので要チェック。
大型クーラーでは、取り付けの際にマザーボードを取り外す必要のある製品も多い。
銅製ベースに2本のヒートパイプ、アルミ製フィンを組み合わせたトップフロー型のCPUクーラー。
http://xn--nbk4d9a2dm4wbb8901ebbhxq8cwze.xyz/

Atom登場時の衝撃

モバイラーから自作PCユーザーにまで、近頃話題の新型CPU「Atom」。
Core 2 Duoの命令セットと互換性を保ちながら、従来のインテル製のどのCPUよりも低消費電力なのでギャングオブヘブン 画像も気軽に収集できるという。
省電力性とパフォーマンスを高いレベルで兼ね備えたプロセッサだ。
PDAサイズの小型マシンでVistaが動いちゃうなんてびっくりでしょ。

7月11日にウィルコムから発売予定の「WILLCOM D4」は、W-SIMを利用したPHS端末であると同時に、OSにWindows Vistaを搭載するUMPC(Ultla Mobile PC)でもある。
「今月もまたUMPCかよ」「そんなことなら秘密の催眠療法 REDLIGHT 漫画を読んだ方がいいぜ」と思われる方もおられるかもしれないが、ちょっと待ってほしい。

SOL2の残念なところ

他のプラグイン対応ソフトであれば、参照場所を選択できることがほとんどなだけに非常に面倒に感じる。
しかもマニュアルにはそのことは明記されていない。
このあたりをしっかりとするだけで、初心者にはとてもありがたいソフトになる。
YAMAHAはそれほど昔から他社との競争をしているとの概念が薄い商品が多いだけに、このあたりが悔やまれる。

ただ、以前のバージョンのSOLを触って逃げ出してしまった人などに対して「もう1回だけ触ってみろ」と言ってのけるだけの努力はしっかりと見せつけている。
YAMAHAの独自の音にはイビサクリーム 薬局に負けないほどのファンが多いだけに、無視することはできないソフトウェアだ。